ニキビやニキビ跡の治療として知られる「ケミカルピーリング」は保険適用外なので、1回あたり5000円前後の自費負担となるところが多いです。

大手美容外科と一般的な近所の皮膚科、金額や施術内容の違いについて比較してみました。

 

 

※公益財団法人日本エステティック研究財団によると、医療としてのケミカルピーリングが「皮膚疾患の治療や改善目的で行われる」のに対し、エステサロンでは「肌表面の状態を整える、化粧のりを良くする」ことを目的としてごく薄い成分(AHA)でのピーリングと定義しています。

使っている薬剤も医療とエステでは違うので、今回は比較に加えないこととします。

 

 

ケミカルピーリングの料金〜有名美容外科

比較のために金額は税込に直してあります。

 

 

湘南美容クリニック

https://www.sbc-skincare.com/price/peering-ion.html#peeling

 

料  金 1回 ¥4,860

5回 ¥23,080(1回あたり¥4,616)

薬  剤 サリチル酸マクロゴール

治療時間 表記なし

通院回数 表記なし

※ケミカルピーリング範囲=小
顔・首(顎下~鎖骨)・手の甲・足の甲・うなじ・乳輪・踵

 

 

品川美容外科

https://www.shinagawa.com/skin/equipment/peel.html

 

料  金 1回 ¥4,644(非会員)

薬  剤 サリチル酸マクロゴール

治療時間 塗布時間約5分

通院回数 ピーリングは繰り返し行なうことにより、徐々に効果が出てくるので、次回の治療を希望される場合は2週間以上間隔を空けてください

 

 

 

●共立美容外科

https://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/acne/peeling.php

 

料  金 1回 ¥10,800(税込)~

薬  剤 プロテーゼ酵素+フルーツ酸

治療時間 15分~

通院回数 希望に応じて

※プロテーゼ酵素であらかじめ角質をやわらかくし、肌への負担を最小限に抑える独自のピーリング方法。(ドクターズ・ダーマピーリング)

 

 

 

 

スポンサーリンク

ケミカルピーリングの料金〜皮膚科

 

 

埼玉県戸田市の「さかい皮膚科」の価格です。

(うちの息子が通っており、とても良いと実感しているのでご紹介)

 

 

料  金 1回 ¥5,400(税込)

6回 ¥27,000(1回あたり¥4,500)

薬  剤 サリチル酸マクロゴール

治療時間 塗布時間約15分

通院回数 1回でもよいし様子をみながら決めて良いとのことですが、普通のニキビなら3週間ごとに約半年くらい行うのが効果的とのこと。

 

※院長自ら塗布施術します。

※ピーリング後に自宅で塗るための薬が処方されます。

※当日予約はさすがに埋まっていることが多いのですが、翌日以降なら予約はとりやすく、平日なら5:30まで可能。

 

 

 

さかい皮膚科

〒335-0011 埼玉県戸田市下戸田1-7-16

Tel : 048-442-3141

URL http://www.sakaihifuka.jp/

 

ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などで皮膚表面および毛穴部分の角質を薄くはがす方法です。
ニキビ・ニキビ跡・過剰皮脂・くすみ・小じわ・毛穴の黒ずみ・色素沈着に対して効果があります。

 

OZmall[施術内容や効果を検証!ケミカルピーリングとは?]より引用

 

 

医療機関で使われている代表的なピーリング剤の種類と特徴です。

 

グリコール酸

フルーツ酸の一種。粒子が小さく浸透性が高い医療機関専用ケミカルピーリング剤。

 

乳酸(ラクト)

天然乳酸を主成分とした、分子の大きい医療機関専用ケミカルピーリング剤。

 

サリチル酸マクロゴール

角層以外の細胞を傷つけないため炎症が起こりにくいとされている医療機関専用ケミカルピーリング剤
ピーリング効果がグリコール酸より高いにもかかわらず、刺激感やかぶれ症状のリスクが低い。

 

 

 

皮膚科によって使う薬剤に違いがあります。

患者の皮膚の状態によって使い分ける医師もいます。

 

 

 

 

まとめ

 

大手美容外科と一般的な皮膚科(開業医)の料金を比較してみました。

 

  • 5000円前後が相場で差はあまりない
  • 回数券式で1回あたり安くなる
  • 使う薬剤や方法が医院によって違う

 

 

金額の差はさほどないとなると、大事なのは通いやすさ医師との信頼関係ですね。

 

 

 

参考までに我が家の息子の病院めぐり体験を。

高校生の後半からニキビが増え始め、最初は自宅のケアでなんとかしようと試みていましたが、なかなか治らないのでいくつかの皮膚科を転々としました。

たいていは、ビタミン剤などの飲み薬と塗り薬が処方されます。処方される薬は病院によって微妙に違っていましたが、どの病院でも大きく改善することはありませんでした。

 

 

重要だなと思ったのは、医師の対応の仕方です。

生活習慣(食事や癖)が悪い、根気よく続けなきゃダメ、など、家庭や性格を否定する言葉を使う医師が多いんですよね。

 

 

そんな言葉を向けられて、初対面の患者が心を開くだろうか?と、毎回思っていました。

もちろんそれも原因でもあるでしょう。

でもそれってちょっとググれば出てくる答えで皮膚の専門家でなくても言えるのでは?

 

 

お世話になっている皮膚科は、性格や環境などではなく、初診の数分で「乾燥が原因」だと断言。

今まで2年くらいこの状態だよね?と、ここまでの期間もずばり言い合てられました。

そして今後どうするか、どのくらい期間がかかるかという説明。ピーリングについては、こっちから尋ねたら「それもやるともちろん早いけど、保険きかないからご自由に」というドライさ。

このように、皮膚の状態分析と対処法(しかも初耳情報が多かった)だけを説明してくれた初めての病院でした。

 

 

この先生の威厳と専門性を感じ取った息子は、全面的に信頼して任せると言っています。

信頼して任せるかどうかは、「大丈夫かな、どうかな」と心配しながらやるよりも効果が高いといいます。(メンタルからくる免疫力アップのため)

まだ通い始めて1ヵ月なので目に見える効果はありませんが、半年くらいで改善されるのではないでしょうか?

(後日、結果を追記します)

 

 

 

ニキビ・ニキビ跡治療は時間がかかります。

信頼できる医師に出会ってうまくいきますよう、願っております!^^

 

最後までお読みくださりありがとうございました。