東京オリンピック2020のチケット抽選申し込み開始日が発表されました。オリンピック競技や開会式・閉会式を生で観るために必要なチケットはどのように販売されるのか、確認してみました。

 

チケット販売サイト、プレオープンでできること

 

 

今日発表になったのは、「チケット販売サイト」と「抽選申し込み受付日」です。

(201/9.4.18 14:00発表)

申し込みサイトも「プレオープン」なので、まだここから買うことはできません。

 

 

プレオープンでできることは、

競技の日程・価格を確認すること

だけです。チケット入手はもうちょっと先。

4/18〜5/8までの20日間がプレオープン期間なので、それまでに申し込みに必要なID登録を済ませておくとよいでしょう。

 

 

なお、チケットは抽選なので先着順ではありません。

5/9受付開始と同時にアクセスが集中するでしょうけど、早ければ有利というわけではないので、焦る必要はありませんね。

 

 

スポンサーリンク

抽選申し込み・購入にはIDが必要

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

https://tokyo2020.org/jp/

↑これが公式サイト。ここの中の「関連コンテンツ」に、「チケット取り扱いサイト」バナーがあります。

 

 

このページに飛んで、IDを持っていなければ最初に作成する必要があります。

 

 

結構多くの情報を求められます(^^);

パスワードは短すぎたり大文字小文字が混ざっていないと進ませてもらえません!厳しい〜

 

これで進んでも、まだ仮登録の状態です。

アカウント情報で入力したメールアドレスに本登録のためのURLが送られてくるので、そこをクリックして完了です。

これで晴れて、チケット抽選申し込みのサイトを見ることができます。

 

 

 

公式チケット販売サイトで確認できることは?

事前に登録したID・パスワードでサイトに入ります。(「ログイン状態を保存する」を選んでいれば自動ログイン)

 

 

「公式販売サイト」に行くと、画面上部にこのようにメニューが並んでいます。

 

 

現在はまだ「プレオープン」なので、クリックしても、

 

こう出てしまいますが、5月9日には申し込み画面に推移すると思われます。

 

販売価格はどこで確認?開会式は?

 

これも上部のメニューから。

チケット情報のとなりの「競技情報」から確認できます。

 

 

高額となりそうな開会式は?7月24日で探して見ました。

 

最高は30万円!

でもそのくらいするかも・・・とこれは想定内。

 

 

意外だったのは、最低価格の2,020円。

スタジアムの端っこでしょうけど、この値段で席があるとは驚きです。いや、席がない立ち見かもしれませんが、それでも歴史的な瞬間に現場(会場)にいられる経験はプライスレスだと思います。

 

 

なお、東京2020のチケット取り扱いを公正に行うために、新たな法律もできたそうです。

 

「入場券不正転売禁止法」

  • 利益を得るために定価を超える金額でチケットの転売禁止
  • 不正転売目的で譲り受ける行為の禁止

 

違反者は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、または両方、だそうです。

詐欺やダフ屋にこの法律のにらみがきいてくれるといいのですが。

もし法外な値段で持ちかけられた場合は、この法律を教えてあげるか、通報しましょう。

 

 

 

取り急ぎ速報よりお伝えいたしました。

ご参考になれば幸いです。