新元号令和が発表されました。しかしまだ「れ」だけで予測漢字が出てくれなくてめんどくさ〜い!

SNSやPC入力などで新語が一発予測変換されるようになるのはいつ頃なのでしょうか?調べてみました。

(当ページの情報は2019年4月5日のものです。もし新しい情報があれば、コメント欄よりお教えください!)

 

 

OSアップデートで新語「令和」の追加

 

 

iphone(iOS)、Androidスマホは、アップデート(バージョンアップもほぼ同義語)で便利な機能が追加されたり、問題点が修正され、より快適な環境に改善してくれます。

そのタイミングで、新しい言葉が追加されることがよくあります。

 

なお、2019年4月5日現在、iOS の最新バージョンは 12.2 です。

私のiPhoneも12.2で最新ですが、まだ「令和」変換はまだできていません。

Androidもまだのようです。

 

ただ、アップデートを待たずともインターネット上で「令和」が拡散されることで自動的に辞書が生成され、一発で「令和」が表示されるようになるそうです。

案外早いかもしれませんね。

 

 

iOS(iPhone)次回アップデートのタイミング

2019年9月頃、iOS 13正式版がリリースされるそうですが、その前に12.2のマイナーアップデートで追加されると思います。

マイナーアップデートは月1くらいで行われているので、案外早いかもしれません。

 

参考URL

 

 

 

スポンサーリンク

アプリのアップデート(LINE、Facebook、Twitter etc.)

早いアプリはもう「令和」と出るようです。

クラウド超変換をオンにした「Simeji」は「令和」を一発変換できるとの情報があります。

 

LINE、Facebook、Twitterなど、アプリごとのアップデートで各社対応されていくと思われます。

アプリを自動でアップデートする設定にしていなければ自分で行う必要があります。
もし自動アップデート設定していなければ、しばらく頻繁に確認してアップデートしてみてください。

 

 

Microsoftは更新プログラムで5月1日から即変換可能に

マイクロソフト、対応も早いし発表も早いですね!Windowsユーザーは、約1ヵ月も待てばPC自動更新で対応されるようです。

 

  • Azure
    オペレーティング システムとフレームワークの新元号サポート用の更新プログラムによって対応。
  • Dynamics
    ほかの重要なDynamicsアップデートと同様の方法で提供。
  • .NET Framework
    Microsoft .NET Framework 3.5 以降のバージョンで、「マンスリー ロールアップ リリース」で更新プログラムを発行予定。
  • Office
    「マンスリー ロールアップ リリース」で更新プログラムを配布する予定。
  • Windows
    更新プログラムで対応。スタンドアロンパッケージとして提供する予定はなし。

 

 

 

「令和」を取り急ぎスマホ・PCに単語登録

OSやアプリのアップデートが対応するまでは辞書登録でスマホやPCに覚えさせることで対応ですね。

 

とりあえず私が使っているiPhoneでの例です。(iOS12.2)

 

[設定] → [一般] → [キーボード]と進みます。

(一般画面の下の方の「辞書」ではない)

 

 

 

[キーボード]の画面から[ユーザ辞書]を選びます。

[ユーザ辞書]画面右上の「+」をタップ。

 

 

単語と読みを入力して保存。

 

 

メモ画面で確認してみました。

OKです。

 

ここで設定しておけば、Yahoo検索もLINEもTwitterも全部大丈夫です。

 

 

 

前回はどうだった?昭和から平成は・・・

 

当時、当ブログ管理人は大学生でした。

まだ携帯電話もインターネットもなかったので、そのような不便はまったく感じませんでした。

ワープロはあったけど高価だったなあ・・・もちろん「ネット」なんてないので、オンラインでのアップデートなど何もなく。

しばらくすると、インターネットの前に「パソコン通信」という電話回線を使ったネットワークが出てきて。

私は初代箱型Macで、パソコン通信を楽しんでおりました。

 

 

ひとつの時代をまたいで、ずいぶん環境が変わったなあとしみじみ・・・。

 

 

ご参考になれば幸いです。