毎年おおぜいの見物客でにぎわう越谷花火大会。駅から会場付近までは大変な混雑となります。

そんな騒がしい人混みを避けて、遠くに響く花火をのんびり眺めたい人たちに人気の穴場をご紹介します。

 

※当記事は、事前に公開されている公式サイト(越谷市役所・越谷観光協会)と、観光ガイドサイト(OZモール・ウォーカープラス)や一般の方のTwitter およびブログを参考に編集しております。

 

2019年度越谷花火大会概要

 

【開催場所】越谷市役所・中央市民会館周辺

※注意事項
本年度、越谷市役所新庁舎工事のため、南側駐車場が見物会場として使用できません。

 

 

【交通アクセス】東武スカイツリーライン「越谷駅」東口から徒歩7分

 

 

【開催日程】2019/7/27(土)

令和元年7月27日(土)*小雨決行・雨天順延
7月28日   (日)  *小雨決行・雨天中止

 

 

【開催時間】19:00~21:00(見込み)
オープニングセレモニー:午後7時から
打ち上げ開始:午後7時10分頃から

 

 

【打ち上げ数】約5000発(見込み)

 

 

【前回の来場者数】2017年度=約20万人 2018年度=中止

 

 

 

 

スポンサーリンク

越谷花火大会 離れた見物スポット

越谷花火大会は、関東有数の花火大会だけあって越谷駅付近はすごい人出です。

お祭りの雰囲気を楽しめるけど、迷子や盗難、人との接触で転倒といったトラブルも心配。

 

赤ちゃんや小さなお子様連れ、歩行がつらい方など、混雑を避けてのんびり花火を楽しみたい方には、ちょっと離れた花火スポットがおすすめです。

 

 

上記地図の星マーク2箇所が、遠くからのんびりと眺められるおすすめエリア。

詳しくご紹介します。

 

越谷レイクタウン(会場から3km)

 

打ち上げ場所からは3km離れた場所ですが、越谷レイクタウンの店舗にトイレやスーパー、テイクアウトができるフードコートがあるので何かと便利。
小さなお子様連れやご高齢の方にもオススメです。

 

レイクタウン大相模調節池湖畔

「イオンレイクタウン」のアウトレット館に隣接している大相模調節池。

周辺が遊歩道として整備されていて、芝生が敷き詰められており爽快なお散歩エリアとなっています。

 

(画像出典:デジカメでぶらり鳥撮り様 より)


(画像出典:KIDS PLAY様「大相模調節池の体験レポート」

 

レイクタウンの池の周りは、地元民にはそこそこ有名な花火見物エリア。(草加の方の花火も見えるとか)

敷地面積が広いため、混雑することはなく場所取りも不要だそうです。

しかし最近は徐々に人出も増えてきたとのコメントも。

 

 

<レイクタウン大相模調節池のメリット>

  • お店の明かりや街頭で明るいので迷子になりにくい
  • 芝生が気持ちいい
  • 雨が降ったら店内にすぐ入れる
  • トイレにすぐ入れる・清潔
  • 花火のあとはレイクタウンで遊べる

 

(画像出典:新越谷カイロプラクティック院の院長ブログPart 2様
「越谷花火大会 穴場スポット@越谷レイクタウン」より)

 

 

越谷レイクタウン屋上駐車場

越谷レイクタウンの屋上駐車場は約2,300台収容できるスペースです。
当日は早い段階で駐車場が埋まってしまうとのこと。

いっそのこと車ではなく電車で移動し、「越谷レイクタウン駅」で降りて屋上駐車場へ向かうのも良いかもしれません。

 

ALCo越谷ショッピングスクエア(会場から600m)

屋上の駐車場が穴場だそうです。

打ち上げ場所から直線で600m。かなり近い位置にある店舗です。
(かつて「Mr.Max越谷店」だったところ)

レイクタウンより打ち上げ場所に近い割にあまり知られていないらしく、まだ穴場と言えるかもしれません。

ただし、屋上駐車場は花火大会で開放されているわけではないので、当日のアナウンスや誘導に従ってください。

 

ALCo越谷ショッピングスクエア 駐車場
ALCo越谷内でお買い物(金額は関係なし)で2時間無料

 

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

※Twitter投稿者様へ
当記事へシェアさせていただきましてありがとうございます。
Twitter利用規約に従って掲載させていただいておりますが、もしご不快でしたら削除いたしますので、下記コメント欄よりご連絡ください。