2018年にSSL化したブログ。
いつもsafariで作業していて気がつかなかったのですが、先日あるコンサルの方とのSkype相談中に指摘されました。

「あれー?完全にSSL化されていないようですね?」

 

Chromeで見ると、確かにURLの前にビックリマーク。安全なサイトであることを示す「鍵マーク」になっていません。

このままではGoogleから「アヤシイ」容疑をかけられたままなのでよろしくないです。
原因を調べていろいろ試してみたらあっさり解決したので、記録しておきます。

 

原因を調べる方法(Chrome)

Chomeで保護されていないと出ているページを表示したままデベロッパーツールを使います。

 

メニューバー → 表示 → 開発/管理 → デベロッパーツール と進むと

サイトのプログラムを詳しく見る画面が出てきます。

 

右上にエラーアイコン(×とか!とか)が並んでいるので、それをクリックすると、その詳細が下に書かれています。

 

感覚でWordpressをいじっている自分にとっては難しすぎな言語の羅列ですが、英語の内容を解読してみました。

 

「!」メッセージ
Mixed Content: This page at 'https://~' was loads over HTTPS, but requested an insecure image 'http://~'.  This content should be also be served over HTTPS.

「ページはHTTPSにアップされているけど、画像イメージが保護されていないHTTPの画像を使おうとしている。画像もHTTPSに置いてね。」

ということらしいです。

 

さっそく画像のURLを確認してみました。

 

ライブラリから適当な画像を選んで詳細をチェック。

たしかにhttpになってます。

 

サーバー側でSSL化をしましたが、ここは自動的に反映されないようです。

 

 

スポンサーリンク

解決方法:WordpressでのURL記述変更

WordPressアドレス・サイトアドレスを設定から確認してみると、SSL化したあとここはほったらかしでした。

 

ここに「s」を追加して保存。

その後さっきの画像詳細を見ると、ちゃんとhttpsから始まるURLに変わっていました。

 

再度、Chromeをリロードしてデベロッパーツールで確認したら、警告マークは消えていました。

 

これで解決しない他の原因

私の場合は凡ミスだったのであっさり解決しましたが、ほかにも様々な原因でエラーとなって「保護されない」ページとなってしまうらしいです。

調べたところ、ブログカードが原因だったりアドセンスコードが問題だったりすることもあるようですね。

 

参考にさせていただいた方の詳しいページのリンクを貼っておきますので、ご参考にどうぞ。

 

SSL化したのに「保護された通信」にならない時の対処法

 

WordPressでSSL化したら画像にsrcset=でhttpのURLが挿入されて「信頼された通信」にならなかった件(一応解決)

 

 

 

お役に立てれば幸いです。