おしゃれなアイコンでサイトが洗練された雰囲気になる「FontAwesome(フォントオーサム)」
初心者の自分には難しいかなと思っていましたが、使い方解説ブログが優秀すぎて、意外と簡単にできました。

備忘録としてわかりやすい文章で記事にしておきますので、ご参考にどうぞ。

 

【私が参照した使い方解説サイト】

 

 

FontAwesomeとは

 

Font Awesomeとは、アイコンを文字として扱うことを可能にしたツールです。
図形ではなく「フォント」使うので、サイズや色などすべて CSS で調整して利用することができます。

私も前から使ってみたいと思っていました。このおしゃれなアイコンがあると、「おっ、なんか詳しい人が作ったページっぽい!」ってなりませんか?

今回使ってみるまで、ずっとこれプラグインだと思っていました。(笑)

 

実際は、プラグインのインストールも不要、設定もアイコンをダウンロードする必要もナシ。

他にサーバーにデータをアップロードして使う方法もあるようですが、そっちはちょっとプロっぽいので、初心者の私にも簡単にできた方法(アイコンをダウンロードせずに使う方法)をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

1 コードをコピー

以下のコードをコピー。

<link href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.6.1/css/all.css" rel="stylesheet">

 

2. <head>〜</head>の中に貼り付け

コピーしたコードを<head>〜</head>の間にペースト。

場所はどこでもよいけど、わかりにくかったら</head>の直前でOK。

 

headタグを編集する場所⇒[header.php]

WordPress:[ダッシュボード]⇒[外観]⇒[テーマの編集]⇒右側のバーの[header.php]

 

3.使いたいアイコンを探す

Topページの「Icons」からアイコン一覧へジャンプ。
https://fontawesome.com/icons?from=io

 

 

無料で使うので、「Free」にチェックいれておくと、有料版が表示されず探しやすくなります。

 

 

アイコンの詳細ページになり、拡大表示されます。

 

4. アイコンをクリックしてコードを入手・コピー

 

 

使いたいアイコンの拡大画面で「Start Using This Icon」のボタンをクリック。コードをコピーできる画面が出ます。

 

<i class〜>・・・</i>というコードをコピーします。

今回は、場所を示すマークが欲しかったのでこれにしました。

 


map-marker-alt コード <i class="fas fa-map-marker-alt"></i>

 

5. 表示したい位置に貼り付け

テキスト編集画面でコピーしたコードを置きたい位置にペースト。

 

 

 

アイコンの大きさを変える

アイコンの大きさを変える場合は、コードに追記します。

 

●元のコード <i class="fas fa-map-marker-alt"></i>

●例:2倍に拡大するコードを追記 <i class="fas fa-map-marker-alt fa-2x"></i>

 

拡大コード
fa-lg (1.333…倍)
fa-2x (2倍)
fa-3x (3倍)
fa-4x (4倍)
fa-5x (5倍)

 

 

アイコンの色を変える

iタグに好きな名前のclassを追加し、それに対してCSSで色を指定します。

編集機能を使っても着色はできますが、記述が長くなり、あとで一括変更のときに大変そうです。

 

 

CSS追加方法

WPテーマによってはカスタマイズ画面でCSS追加が行えるようになっています。
([ALBATROS][DIVER]にはありました)

 

 

 

 

↓これは「サルワカさん」のブログに例として出ていたCSSコードです。赤も使いたいので、自分で1行足しました。WEBカラーで自由な色を設定できます。

追加CSS
.my-gray {color: gray}
.my-skyblue {color: skyblue}
.my-orange {color: #fecb81}
.my-red {color: red}

 

 

 

投稿記事html編集画面にもどって、さっきの<i class=〜></i>の中に色指定追加。

<i class="fas fa-map-marker-alt my-red"></i>

 

 

 

これでアイコンに色がつきました。

記事編集のビジュアル面では見えていませんが、プレビューを見るとちゃんと表示されています。

 

 

そのほか、
「色をつける、回転させる、表示角度を変える、反転させる、アイコンを線で囲う、アイコンを重ねる」など、class名の追加でさまざまな効果を施すことができるようです。

 

こちらのサイトが、効果をつけた見本も表示していてわかりやすかったです。

 

 

よく使いそうなアイコン置き場所

あとですぐに使えるようによく使いそうなコードをまとめておきます。ご活用ください。

 

map-marker-alt <i class="fas fa-map-marker-alt"></i>
paperclip <i class="fas fa-paperclip"></i>
envelope <i class="fas fa-envelope"></i>
flag <i class="fas fa-flag"></i>
laptop <i class="fas fa-laptop"></i>
tv <i class="fas fa-tv"></i>
check-circle <i class="fas fa-check-circle"></i>
check-square <i class="far fa-check-square"></i>
lightbulb <i class="far fa-lightbulb"></i>
arrow-alt-circle-right <i class="fas fa-arrow-alt-circle-right"></i>
shoe-prints <i class="fas fa-shoe-prints"></i>
utensils <i class="fas fa-utensils"></i>

 

ご参考になれば幸いです。